ヘバーデン結節の治療方法の一つに、
もともと目の白内障の病気に使われている薬で、
パロチンという薬があります。


ヘバーデン結節に限らず、薬の中には、
メカニズムは不明なままで効能が認められている薬もあります。
パロチンという白内障の薬もその中の一つかもしれません。


しかし、ヘバーデン結節を早く治したいからといって、
よく調べないで服用することは危険です。
と不安になる人も多いようです。


整体などで治療を受ける場合、
初め、週に1回通い、痛みはそのたびに無くなるものの、
家に帰ると痛みが戻っている、
という状態を繰り返す人もいます。


ヘバーデン結節になると、
自分も年をとったのか、と感じたり、
痛くて仕事が出来ず、
このまま手がダメになってしまうのではないか、
とても不安になります。


また、適切な対処をすれば、
1年、長くても3年ほどで痛みは消える、とも言われます。
どうかあなたも深刻にならないように。


でも、落ち込んでいても病気はよくならないよ?
よい結果を出せるように、もっと調べていかなくてはね(^_-)-☆


スポンサーサイト